自費出版サービスの出版社[大阪府]
Honokasha Inc.
 
写真集の自費出版

 自費出版TOP
 費用/料金と制作プロセス
 よくある質問
 企業向け販促本の制作
 制作実績&スタップ紹介
 書店流通に関しまして
 資料請求&本プレゼント
 代表・中村の「本」遍歴

印刷物 デザイン

 印刷物の企画編集デザイン
 Webサイト/Netショップ制作

出版社

 会社概要
 お問い合わせ窓口
 メールニュース
 プライバシーポリシー
自費出版
 HOME > 自費出版 > 費用・料金と制作プロセス

自費出版/費用・料金と制作プロセス


自費出版にかかる費用について

目安として以下4つのコースをご用意しております。

編集デザイン費30万円+印刷代‥‥50ページ前後の書籍を想定

編集デザイン費35万円+印刷代‥‥100ページ前後の書籍を想定

編集デザイン費40万円+印刷代‥‥200ページ前後の書籍を想定

編集デザイン費50万円+印刷代
‥‥込み入ったレイアウトのもの

<別途料金が必要なケース>  

  • テキスト入力(原稿用紙数枚程度なら料金内)
  • 取材、原稿書き下ろし、撮影
  • イラスト、図表の作成が多く必要なケース(表紙は料金内のため本文に掲載のもののみ)


    自費出版本・印刷代の目安

    ホノカ社では、制作費と印刷経費を明瞭にするため、印刷会社からの見積書・請求書をお客さまに公開します(当然ながら、お支払いは、弊社一括でお受けいたしますので、お手間かけることはありません)。

    表紙フルカラー・本文モノクロで部数100部程度ですと、印刷代20万円〜25万円をお考えください。また200部の場合でも、プラス1〜2万円とさほど変わりません。逆に30部、50部という場合でも、印刷代は100部と比べてもほとんど変わりません。

    印刷は、関西においては書籍印刷で実績のある印刷会社を利用しています。弊社との取引も多く、そのクオリティは業界で高い評価を得ています。


    自費出版本・制作プロセス

    受注・本づくりの聞き取り
      どんな内容か、どんなイメージの本にするかをできるだけくわしく聞かせていただきます(サンプルの本があれば話が進みます)。
    関西圏にお住まいの場合は、ご訪問させていただきます。その後のやりとりは、電話、電子メールを主に使用させていただきます。お客さまとのやりとりは、すべて弊社代表の中村が担当いたします。
       
    最終原稿を作成・タイトル決定
      組版(原稿を実際のレイアウトにはめること)前に、弊社とお客さまでやりとりし、原稿を最終段階まで仕上げ、タイトル、見出しなどを入れます。この段階で、お客さまと弊社スタッフが納得いくまで原稿の完成度を高めます。
       
    組版(DTP)
      完成した原稿を実際の書籍のようにレイアウトし、改めてお客さまにご確認いただきます。
       
    表紙デザイン作成
      決定したタイトルをもとに装丁をデザインします。数タイプのデザインをご提案させていただきます。
       
    最終版下データの作成
      印刷会社に持ち込むそのままの状態のもの(完全版下)をお客さまにご確認いただきます。当然ながら、印刷後の修正は効きませんので、じっくりご確認くださいませ。
       
    ご入金
      印刷に入る前の段階で、制作費をご入金いただきます。入金確認後、印刷に入ります。
       
    印刷・納品
      2〜3週間ほどでお客さまのもとに完成した書籍を郵送します。


  • TOP
    絵本の自費出版
    出版社へ問い合わせ

    自費出版のホノカ社/大阪府門真市速見町5-5-305 © HONOKASHA, Inc All rights Reserved.